2018年05月24日 (木) | Edit |
帽子・バッグ・手拭い
20180524_1.jpg 20180524_2.jpg

さわやかウォーキングの便利グッズ、それはリュック
参加している人達皆さん、ほぼ全員背負ってます^m^
なので、道に迷いそうになったら、「リュックを探せ!」が、合言葉になっています笑笑
お陰で方向音痴の私は、大変助かっています。
こんなにもリュックが重宝されるのは、両手が使え、バランスよく効率よく歩け、転倒予防になる。
参加者の多くが高齢であるのも頷ける点です。

色も重要で、明るく、むしろ派手なくらいを心掛けています。
そこで、持っててよかった自転車グッズ🚴
自転車に乗らなくなって数年、、、遠い目
押し入れに仕舞いっ放しになっていたウェアやバッグが、再び日の目を浴びることに(^o^)
自転車用品は通気性・機能性に優れ、ウォーキングにも適しています。
いや~~残しておいてよかった
捨て魔の私、、、なんでもかんでも断捨離すればいいってもんじゃないですな(^^ゞ

これから梅雨、真夏と季節は進んで行きますが、無理をしないよう楽しみたいと思います
夏休みには、避暑地のコースを歩いてみたいと思っています。

スポンサーサイト
2018年05月21日 (月) | Edit |
さわやかウォーキングにも、だいぶ慣れて来たので、ここらで一つ!ロングコースにチャレンジ💪
と、言うことで、5月20日(日)
岐阜県瑞浪市
「新緑の鶴ヶ城跡・櫻堂薬師と
300年歴史ある酒造を訪ねて」9.9kmを歩いて来ました。
正直、一抹の不安はあったのですが、大勢の参加者にまみれ歩き始めたら、そんな気持ちはどこへやら
意地と見栄とプライドで見事完歩しましたヽ(^。^)ノ笑笑
ゴール会場でスタンプを押して貰えた瞬間、とても清々しい気持ちでいっぱいになりました。
オプションコースの鶴ヶ城跡へ向かう為、先を急ぐ夫にカメラを託し、その間、歩くことだけに集中出来たことが完歩の要因だと思います。

ゴール先着1500名限定バッジをゲット✌
20180520_3.jpg

往路は山側のアップダウンのあるコース
史跡旧跡が多く、歴史好きの方には見どころが多すぎて、なかなか前に進めないかも?(^^)

八幡神社
土岐氏一族発祥の地
20180520_15.jpg 20180520_16.jpg

木暮津島神社 農村舞台 
昔は歌舞伎の上演があったそう、今は地区のお祭りに使われているようです
20180520_13.jpg 20180520_14.jpg

恵比寿大黒天
柔和なお顔に、ありがたやありがたや
20180520_12.jpg


山城 鶴ヶ城跡
ぬかるんで滑りやすい急な坂道なので(私は歩いていませんが💦)トレッキングシューズをお勧めします。
山があり、川が流れ、田畑があり
美しい風景は人の手が加わってこそで
都会のビル群が美しいのもメンテナンスがあってこそ、家や庭木もしかり
自然とは、手入れの賜物だと思うのです
決して、~~っぱなしではないのだと・・・
20180520_11_201805211731582c1.jpg 20180520_10_20180521173156c7c.jpg 20180520_9_20180521173155cff.jpg

櫻堂薬師
地区の皆さんによる、おもてなし
手作りパンや、コロッケ・たこ焼き・焼きそば、無料の冷た~~いお茶もあり
もぐもぐタイムは、今回もコロッケ笑笑 だって美味しいだもん
コロッケのない、もぐもぐタイムなんて考えられません!!爆爆
20180520_8.jpg 20180520_7.jpg

農産物直売所「きなぁた瑞浪」で、みつけたコロッケ・・オイオイ違う違う
「今日の柴っこ」(^^)
飼い主のご主人が、撮影に協力してくださいました。
20180520_6.jpg

ラストは、日本酒「小左衛門」蔵元・中島醸造
やっとここへ来ることが出来て感激でした。
と、言うのは、以前名古屋市緑区大高にある、山盛酒造酒蔵開きで、たまたま同じテーブルで横になった女性と親しく会話する中
「瑞浪の小左衛門っていうお酒がおいしいので、是非酒蔵開きに行って見てください」と、情報を得ていました。
その時は、瑞浪・小左衛門と、しっかり覚えていたのですが、時が経つに連れすっかり忘れていたのです。
それが今回のさわやかウォーキングで、コースに「小左衛門」の文字を発見し、記憶がビビビ⚡と繋がり
まさに電撃ネットワークですよ、ハイ
にしても、縁とはこうゆうことを言うんだなと、しみじみ
たまたま隣り合わせに座っただけの関係とは言え、彼女に知らせられないのがもどかしい・・・
20180520_5.jpg 20180520_1.jpg 20180520_4.jpg

彼女に聞こえるように、大きな声で「ありがとう(^o^)/」
試飲の中から選んだ一本「小左衛門・播州山田錦・純米吟醸」
吟醸と言うことで、香りよく、いわゆるフルーティーな味わいのお酒です。
20180520_2.jpg

2018年05月09日 (水) | Edit |
ゴールデンウィークも終わり、休みモードから働きモードへ
前半は旅&家でまったり、後半は夫に留守番を頼み、実家へ二泊三日で里帰り
計画通り予定通りの充実した休みでした。
しっかり遊んで休養して心は満タン♪
でも体はガス欠・・・😢
やっぱり普段と違うことをするのは疲れるもんですね、おまけに普段家にいない人がいるし・・爆爆
日本中、本当にお疲れ様でした!=^_^=

心と体のガス欠予防は、適当に夫婦別行動をすること
一緒にいる時間が長いと、相手の行動が目に付いて気になるし、気を使う
長年「亭主元気で留守がいい」で、過ごして来た私としては余計です←鬼嫁か?爆爆
いえいえ、亭主は亭主で、同じことを思っている!・・筈・・・たぶん・・笑笑

↓の旅などでも、建物や街並みの風情に興味のある私は、旅館主催のミニ町歩きツアーに参加し楽しみ。
その間、夫は夫で、一人で金華山(標高329m)を歩いて登って下りて、「疲れたぁ」と言いながらも満足そうで。
旅館に戻って、互いの話を聞き合い、知識も2倍✌2倍✌
相手が楽しそうなら、こちらも楽しい。
元気で留守がいいって言うのは、思いやりのある言葉だなぁと思うのです。


5日(土) こどもの日 晴天
おじいさんは新緑の里山歩きへ、おばあさんは家で溜まった洗濯をしたのでした(^^)

春と秋、年二回公開される「愛岐トンネル
私も秋の公開には訪れたいなと思います。
20180505_1.jpg 20180505_3.jpg 20180505_2.jpg

2018年04月30日 (月) | Edit |
20180428_11.jpg 20180427_4.jpg 20180428_4_2018043016303100a.jpg

このあたり 目に見ゆるものは 皆涼し 

と、松尾芭蕉が詠んだ、岐阜長良川へ一泊二日で旅をして来ました。
名古屋から近く、日帰りでも十分なのですが
久し振りに温泉にゆっくりと浸かりたい!と思い立ち。
新緑の季節、景色すべてが清々しく、芭蕉の句そのものでした。

長良川温泉 「にっぽんの温泉100選」
単純鉄冷鉱泉 赤いお湯です
神経痛・筋肉痛・関節痛・疲労回復等々によく効く
と、まぁ、万能っちゅーことですな♨♨

等身大の松尾芭蕉と📷
足湯ならぬ手湯
古い町並み
20180428_7.jpg 20180428_6.jpg 20180427_3.jpg

宿は十八楼
歴史ある古い旅館でしたが、掃除も行き届き、接客もよく、とても気持ちよく過ごせました。
もちろん温泉も◎
今回、露天風呂付の部屋を初めて利用しましたが、食事の後、寝る前など、わざわざ大浴場まで行かなくても、汗を流すことができてよかったです。
夏の温泉旅には、露天風呂付部屋はいいなと思いました。
iphone180427_1.jpg 20180427_1.jpg iphone180427_2.jpg

観光は岐阜大仏と、岐阜城 若き日の信長様(♡>◡<♡)☆ミ
20180427_5.jpg 20180428_1.jpg 20180428_12.jpg

緑の岐阜公園も素晴らしく、ただ歩いているだけで、ぼんやりベンチに座っているだけで、こころが安らぎました。
金華山ライトアップ、鵜飼い、夕涼み、ぜひ長良川温泉へ、夏を感じに行ってみてください♪


山頂で見つけた、柴っこ🐾♡♡♡
赤柴の子は登山コースを歩いて、白柴の子はケージに入ってロープウェーで登って来たんだよ。
頑張り屋さんのふたりなのでした
20180428_3.jpg 20180428_2.jpg

2018年04月17日 (火) | Edit |
iphone180412_1.jpg

先日、母と名古屋伏見にある、長者町まで車で出掛けました。
母が用事を済ませている間の、小一時間程の時間を利用して、ブラタモリごっごしました笑笑
この界隈は繊維問屋街で、全盛期は搬入の車、仕入れに来る人達でごった返していましたが、
そんなお店も一軒一軒と減り、今はオフィスビルや飲食店が多く立ち並ぶ街へと変貌しています。
もう、私の知っている長者町じゃないなぁと、少ししんみりしてみたりしながら歩きました。

そんな中、今も変わらぬお店の一つ、和菓子「むらさきや
このお店の名前を、名古屋で知らない人はいません!言い切ります!いや、ほんとほんと
超、超、有名店です。
伏見に来たからには、寄らないわけには行きません
なんていう私ですが、お店に入るのは30年ぶり
店の格子戸を開けて中に入ると、昔の雰囲気のままじゃないですか?!
薄暗い店内、地味な色のお菓子、垢ぬけない接客、、重ね重ね失礼💦
これぞ、わび・さび 茶の湯の文化ここにあり
老眼の私には、ショーケースに思いっきり顔を近づけないとよく見えなくてキツイですが・・・まだ言うか爆爆
それでも、これだけはすぐに見つけましたよ、フフフ
そうです、水羊羹
「美濃忠」は5月の終わりにならないと出ないので、「むらさきや」もそうだと思っていたら
な、なんと?!嬉しい誤算
こうゆう情報にうといところが、30年ぶり(^^ゞ💦
ってか、むらさきやもホームページとか、ブログとか、フェイスブックとかとか、やってちょーだいませ
夜露死苦(`・ω・´)ゞ

味はもちろん、美味しかったです。
あずきの味がしっかりとして、練りも利いてて切り分けやすい
日持ちは3日、名古屋土産にどうぞ!よーく冷やして召し上がれ♪