2013年11月08日 (金) | Edit |
ぶんは首の巻き込みが強くなり、横になっている時は、鼻ブヒブヒ、顎ウゴウゴ
老犬介護の皆さんに習って、顎の下にタオルを挟んでやりると、落ち着いて眠ります
手足の関節も硬くなっているようで、後ろ足はピーン
左手もピーン、抱っこしようとすると両手ピーンのバンザイポーズ
でも体はだらり~~ん、寝返りの介助をする時などは、「吊り下げの刑」状態になってます(苦笑)
bun131108_1.jpg bun131108_4.jpg

「刑」と言えば、ぶんはもう、車椅子を卒業、と言うか、急激な衰弱でもう乗せられない状態に(涙)
あれほどメェ~メェ~鳴いていたぶんですが、ここ一週間で夜鳴きも無くなりました。
影武者と気合を入れ直し、介護に臨んでいた矢先だっただけに、愕然となりました
確実に「そのとき」が近づいているのだなと、覚悟を決めています。
できるだけ、ぶんの傍にいてあげようと思う毎日です

天気のいい日中は、日当たりのいい、2階でお昼寝のぶんです(*^_^*)穏やか~~
bun131108_2.jpg bun131108_3.jpg

↓下痢も治ったと思ったら、そうではなくて、繰り返し起こります
病院で皮下点滴をして貰うと、直後は復活しますが、すぐにまた同じ症状に
体重も7・5kgに減少
獣医の先生からは、これからは一日の食事の分量に拘らず、食べれるものを食べさせてあげた方が良いと
その場合、すぐにエネルギーに変わる炭水化物が良いと
なので、最近の主食はお芋さん♪
これまでとは逆に、お芋さんにフードをトッピングしてると言う感じです(^^)

芋を柔らかく煮てつぶして、お湯で溶かしてペースト状に
水はペット用ポカリスエット、うちでは「犬ポカ」と呼んでいますが(笑)
寝起きなど、必要に応じて、2倍に薄め飲ませています
131108_1.jpg

おそらく、ぶんの介護のピークは過ぎたのではないか?と
たぶん、ここで手を緩めたら、ぶんは極々近い将来、逝ってしまうでしょう
それがいいのか、悪いのか・・・
強制給餌をさせながら、ふと思うこの頃です。

スポンサーサイト