2016年05月23日 (月) | Edit |
iphone160521_2.jpg

5月21日(土) 漆喰を見に行こう!参考
そうです、姫路城(白鷺城)です
美しいお城でした、名のごとくほんとうに白鷺が羽を広げたようで、青空とマッチ
姫路は名古屋から新幹線のぞみで1時間20分・・・ですが
今回はもう一つの目的達成の為、あえて新大阪でこだまに乗り換え
それはこれ、新幹線500系に乗る為、大大大好きな車両なんです(^^♪
iphone160521_3.jpg

かつては、東京⇔大阪間でも走っていたのですが、700系の登場とともに東海道新幹線からは離脱
もう乗る機会もなくなってしまったなと諦めていました。
が、チャンスはやって来るものですね
しかも山陽新幹線40周年と、エヴァンゲリオンTV放送開始20周年記念コラボの特別車両
1号車2号車はエヴァ特別仕様になっています
エヴァンゲリオンを全く知らない世代の私と夫は、普通に指定席5号車に乗車ですが、なにか?(笑)
純粋に500系が好きなのです、このボデーとフェイス、たまりません
シートもゆったりと安定感あって、ちょっと低い天井も、コックピットの中にいるよう
座り心地がよくて、新大阪から姫路までの30分間はあっと言う間でした。
160521casio_1.jpg iphone160521_4.jpg

12:07 姫路着
夢のひと時の余韻に浸りながらも、お腹は空くもので、さっそく腹ごしらえ、
名物の「駅そば」食べて、「明石焼き」食べて、デザートは「御座候」
御座候は名古屋でも食べられるけど、やっぱりご当地で食べる味は格別です

お腹も膨れたし、いざ!出発
姫路城までは駅から一直線
目を凝らすと真正面にちっちゃくお城が見えます(^^)
ざ!城下町
160521casio_2.jpg
商店街を歩いていくのがおすすめ☆彡
参考

どんどん近づく姫路城
遠くから見てよし、近くで見てよし、見上げてよし
漆喰が眩しい~~
ちょうど我が家も、先月に屋根瓦の漆喰補修をしたばかりだったので、大変興味深く見ました。

門から天守閣までは、ずーーっと上りです。
狭い入口や、階段、天井が低い所も多く、かがんだ姿勢が続く為、腰や膝への負担は大きいです。
ご多聞に漏れず、夫は腰痛、私は膝が痛くなりました(^^;
名古屋城のような、平城&エレベーター付きが恋しく思いました(苦笑)
その名古屋城も、木造復元が現実味を帯びてきました
当時の詳細な図面が残っていることと、復元後の経済効果で
河村たかし市長と竹中工務店はやる気満々
実現となれば素晴らしいことだと思います
160521casio_11.jpg 160521casio_12.jpg 160521casio_4_20160523192009a8a.jpg

160521casio_8.jpg 160521casio_5.jpg 160521casio_13.jpg

この後、西の丸百閒廊下も見学
たくさん歩いて大変疲れたけれど、たくさんの思い出を持ち帰ることが出来ました。
最後は名物穴子料理で〆ました
160521casio_9.jpg
参考

スポンサーサイト