FC2ブログ
2018年05月28日 (月) | Edit |
正直、舐めていたところがあった「さわやかウォーキング」・・・スミマセン💦
今ではすっかりその楽しさに嵌っています。
よく知っている土地でも、発見と気づきの連続で面白いです。
服装や持ち物、シューズ、天候や距離によって使い分けたり、使い方を変えたり
常連さんからヒントを得ることも多いです。
身一つあれば始められるウォーキングですが、簡単そうに見えて、なかなか奥が深いなぁと
何事も舐めて掛かってはいかんですね((((;´・ω・`)))
一年が経つ頃には、私も他の人に、ヒントを与えられるようなウォーカーになっていたいです、なります!!

5月26日(土)
「家族で名古屋を満喫!ゴールの東山動植物園でも楽しもう!」
JR千種駅から東山動植物園正門までの5.3㎞を歩きました。
見どころは、覚王山日泰寺と揚輝荘
名古屋城の東側は、指定文化財・登録文化財の多い地域となっています。
20180526_7.jpg

覚王山日泰寺
タイ王国から贈られた、お釈迦様の遺骨が安置されている、日本で唯一の超宗派寺院
「覚王」とはお釈迦様の別名、「日泰」とは日本とタイ王国を表しています。
毎年お釈迦様の誕生日の4月8日には、花祭りがあります。
また、毎月21日には縁日があり、たくさんのお店と人出で賑わいます。
20180526_5.jpg

揚輝荘
松坂屋百貨店の初代社長、伊藤次郎左衛門祐民の別荘として建てられたものですが、国家の迎賓館としての役目も担っていました。
地上二階地下一階、ベンガラ色の外壁が目を引きます
素晴らしいとしか言いようのない造りで、体にじわじわじわ~~っと伝わってくる本物感に鳥肌でした。
今回は見学者が多くて、ゆっくりできなかったので、またの機会に時間を掛けて訪れたいと思います。

北園と南園からなる、広大な敷地の真ん中には、現在マンションが建っていて、通り抜けできませんが
当時は北園と南園を繋ぐ、地下通路があったそうです。
個人の邸宅とはいえ、国内外の重要な人物が集まる場所でもあったから、セキュリティーの要素も大いにあるのでしょうか??
想像するだけで、これまた鳥肌|д゚)チラッ
20180526_3.jpg 20180526_4.jpg 20180526_2.jpg


「今日の柴っこ」🐾♡♡♡
池下セントラルガーデンでお散歩中のところをパシャリ📷
このシリーズ、もう神ってるとしかいいようがないです、鳥肌です。
決して見つけたからと言って、コースを外れてわざわざ撮りに行ってるんじゃないんです
歩く先にピタッと柴犬がいるんです!!強運すぎる自分が怖い・・・笑笑

綺麗にシャンプーとトリミングして貰っている、柴っこでした(^^)
20180526_6.jpg

もぐもぐタイムは、パン屋さんでおみやを買って、喫茶店の鉄板ナポリタンでランチしました


今日も無事にゴールすることが出来て、めでたし💪
20180526_1.jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可